Amazonギフト券でクレジットカード現金化


クレジットカード現金化には業者を利用すると言う方法があります。しかしクレジットカードで指定商品を購入させ、その特典として口座にキャッシュバックすると言った業者では換金率80%ほどと低い難点がありました。10万円の指定商品を購入し換金率80%なら8万円しか手元に入らず、2万円も業者側に支払している状態です。自分でクレジットカード現金化すると言う方法もありますが、換金性の高い新幹線の回数券をクレジットカードで大量に購入するとカード会社から確認の電話連絡が入る事があります。

全国百貨店共通券は換金率98%ほどと換金性が良いものの、クレジットカード決済ができない事があります。そんな時に便利なのがAmazonギフト券です。Amazonギフト券は電子商品券と言った種類でEメールタイプ、チャージタイプ、印刷タイプなど様々なタイプがあります。Eメールタイプは指定のメールアドレスに贈るタイプです。注文からわずか5分ほどでお届けされるため、贈りたい日までもう日数が無いと言う時でも大丈夫です。Eメールタイプと印刷タイプのAmazonギフト券はAmazonのサイトから購入する事が可能、クレジットカード決済も可能です。クレジットカード現金化目的ならEメールタイプが便利です。

こういった電子商品券は全国百貨店共通券のように金券ショップで買取して貰う事ができないです。Eメールタイプは紙と言う形になっていないため買取が難しくなっています。そんな時でもAmazonギフト券の買取業者があるので大丈夫です。買取業者にもよりますが換金率は94%ほどと換金性も高くなっています。買取下限金額と買取上限金額を設けている買取業者が多いので、Amazonギフト券を注文する前に確認して下さい。買取の流れはまずは買取業者のサイトにアクセスし、買取フォームからお申込みします。買取希望額面や氏名や連絡先など必要事項に入力して送信します。不正防止のため運転免許証や健康保険証など身分証明書類の提出が求められる事があります。手続きが済み次第、すぐに指定の口座に買取代金が振込されます。しかし換金目的のクレジットカード利用はカード会社に禁止されているため注意が必要です。

クレジットカード現金化の違法性と注意点

クレジットカード現金化が違法かどうかには議論があります。弁護士団体や消費者団体などはクレジットカード現金化は違法であるので、利用することがないように啓蒙活動をしていますが、実際にはクレジットカード現金化を利用する方が違法性を問われたり、摘発されることは現状ではまずないと断定してもいいでしょう。クレジットカード現金化業者が摘発された事例はありますが、摘発されたのはあくまで業者だけであり、それもクレジットカード現金化そのものが違法として摘発されたのではなく、出資法と貸金業法を援用しての摘発となっています。ただし、法律の整備などによってクレジットカード現金化が違法となる可能性はあるので、クレジットカード現金化を利用しようと考えている人は法的な動向には注意を払っておく必要はあります。

クレジットカード現金化を利用する人は違法性を問われることはありませんが、クレジットカード会社との間で交わしているクレジットカードの利用規約には間違いなく違反することになってしまいます。クレジットカードを利用するためにはクレジットカードの利用規約に同意しなければなりませんから、クレジットカードを利用すること自体が利用規約に同意したことになっています。

クレジットカード現金化の事実をクレジットカード会社に知られることになればペナルティが課されることを覚悟しなければなりません。クレジットカード現金化で利用したクレジットカードの即時利用停止とそれまでに利用していたクレジットカードの利用残高の一括返済を請求されます。それに、それ以降にクレジットカードの新規申し込みをしても審査に通らなくなりクレジットカードを保有することが難しくなります。ばれなければ、クレジットカード会社からのペナルティを受けないで済むということもありますが、最近のクレジットカード会社にはクレジットカード現金化について注意を払っていますから、ばれる可能性はかなり高いと思った方がいいでしょう。

安全に現金化出来る優良店厳選→クレジットカード 現金化