返金保証が充実!キレイモの解約の手続きや条件、返金額の計算方法

脱毛サロンの料金の仕組みって結構複雑だったりしますよね。特に解約については不安に思う方が多いのではないかと思います。

解約できない、お金が返ってこない。そういう脱毛サロンも確かにあると思いますが、キレイモなら安心。解約は簡単で、支払ったお金も戻ってくるのです。

そこで当記事では、キレイモの解約方法や、条件、手続き、返ってくるお金についてお話ししたいと思います。

意外と簡単!キレイモの解約の条件や手続きとは?

キレイモ解約の方法は二つあります。一つは、コールセンターに電話し、後日送られてくる書類に必要事項を記入したあと、返送するという方法。

もう一つは、契約店舗に赴き、解約の旨を伝えて、その場で書類に記入するという方法です。解約に必要なものは……

印鑑
契約書
口座情報

の3つとなります。月額制プランは返金は基本不可ですが、回数パックプランは残り回数に応じて返金がなされるため、口座情報が必要となります。

解約の条件

月額制プランに返金がないのは、最終的に支払うべき金額が決まっていないから。1ヵ月継続するごとに、ピアノ教室の月謝などと同じく、税別9,500円が引き落とされるというシステムなのです。

解約した時点で課金が停止されるため、払い損というものが存在しないわけですね。ですから返金はなされないというか、その対象となるものが存在しないのです(脱毛の際にケガなどをして支払い済みのお金の返却を求める場合は別)。

月額制プランは基本的にはいつでも好きなときに解約が可能なのですが、最低2ヵ月の継続がお約束となっております。

キレイモの全身脱毛は2ヵ月に1回受ける仕組みです。2ヵ月継続が条件というのは、要は1ヵ月目に1回脱毛を受けて解約されると、その支払額は1ヵ月分(9,500円)のみとなってしまい、他のお客さんよりも安く脱毛を提供したこととなってしまうため、それはやめてくださいね、ということなのです。まあこの部分は仕方がないんじゃないでしょうか。

2ヵ月継続という条件さえクリアしていれば、月額制プランはいつでも解約することができ、解約金や違約金、手数料等は一切発生しません。

解約後に再契約することも可能なので、とりあえずキレイモを試してみたいという方には月額制プランがおすすめです。

回数パックプランの解約について

回数パックプランは、6回分、12回分の料金を契約時に一括で支払うプランですので、回数未消化のまま解約すると、支払った分のいくらかが払い損になってしまいますので、その救済措置として、返金制度があります。

まず支払総額を回数で割ります。たとえば12回パックプランなら、税込229,003円を12回で割るということです。

229,003円÷12回=19,084円(脱毛1回の料金)

次に、すでに消化済みの回数に19,084円を掛けて、その金額を支払総額から差し引きます。たとえば、すでに10回脱毛を受けていた場合――

229,003円-(19,084円×10回)=30,963円

この30,963円が返金対象となるのですが、返金の際には手数料がかかります。手数料の金額は、「返金対象額の10%(最大20,000円)」です。

上記の例の場合、手数料は約3,096円ですね。未消化の回数が多く、返金対象額の10%の金額が20,000円を超える場合には、20,000円が手数料として差し引かれます。3万、4万と取られることはありません。

ちなみに、回数パックプランはクーリングオフの対象となります。契約から8日以内であれば解約が可能、お金も全額戻ってきますから、「やっぱり気が変わった。解約したい」というときには、なるべく早く解約手続きをするようにしてくださいね。

以上、キレイモの解約の手続きや条件などについてご紹介いたしました!