冬に進みやすい抜け毛や薄毛の原因とケア方法

薄毛やAGAに悩んでいる人は、しっかり皮脂を落として頭皮を清潔に保とうと頑張っているはずです。しかし、寒い冬には逆効果になってしまうこともあります。

季節に応じた対策が必要ですから、寒い冬に合った育毛ケアをしなくてはいけません。

冬に進みやすい薄毛の原因とは

抜け毛が多いのは夏や秋だと言われていますが、間違った育毛ケアが冬の抜け毛を加速させてしまいます。

寒くて湿度が低い冬場は頭皮が乾燥しやすく、夏のように皮脂を洗い流してしまうと頭皮の乾燥を招いてしまいます。

血管が縮こまって血行が悪くなり外気の乾燥も加わって、頭皮トラブルも起きやすいです。

皮脂汚れを取りたくて洗浄力の強いシャンプーを使ったり、寒さ対策していないと頭皮環境の悪化から薄毛やAGAが進みやすいです。

頭皮の血行をよくして栄養を与える

冬は乾燥しやすく血行不良になりやすい季節です。いつも以上に頭皮マッサージを徹底して、頭皮を乾燥を防いで血行をよくして栄養を毛根まで運べるようにしましょう。

お風呂で湯船に浸かってじっくりと体を温めて、体が冷えないようにするのもポイントです。

お風呂上りは絶好の頭皮マッサージのタイミングですから、育毛剤を正しく使って丁寧にマッサージしてあげましょう。

頭皮を冷やさないためにも、帽子やマフラーなどで温めるのも効果的です。

頭皮の乾燥を防ぐシャンプーと育毛剤

外気も室内も乾燥していますから、これ以上抜け毛を増やさないためにも保湿には十分注意しましょう。

夏のように汗や皮脂はたくさん出ませんから、洗浄力が穏やかなシャンプーでも汚れを落とすことができます。乾燥しやすい冬だからこそ、保湿力の高いシャンプーやコンディショナーを使いましょう。

育毛剤も保湿成分が豊富なものを使ってあげて、頭皮の乾燥を防ぐのが得策です。頭皮が乾燥するとフケやかゆみの原因にもなりますし、頭皮のトラブルが起きてしまうと健康な髪の毛が育たなくなります。

保湿ケアで乾燥を防ぎ、頭皮がしっかり働けるようにするのがポイントです。

生活習慣にも要注意

シャンプーや育毛剤で冬に合ったケアをするのも重要ですが、体の内側からのケアも怠らないようにしましょう。

生活習慣が乱れないように気をつけてあげて、栄養豊富な食べ物をしっかり取りましょう。

冬場に食卓によく登場する鍋物は栄養バランスに優れていますが、塩分の取りすぎには注意が必要です。

過剰な塩分は血管を老化させて血行不良になりやすいですから、薄毛が進みやすくなります。薄めの味付けにするなど工夫して塩分に気をつけながら、生活習慣を整えていきましょう。

育毛剤で髪が生える仕組みについて

薄毛でお悩みの場合、育毛剤を使用している方が多いのではないでしょうか。今では様々なメーカーから販売されています。
しかし育毛剤を使うことによって、一体どうやって再び毛が生えてくるのか不思議ですよね。

ですので今回、育毛剤を使うことによって毛が生える仕組みについて見ていきたいと思います。

まず、髪の毛というものは、基本的に毛根の部分と長く伸びる部分があります。髪の毛の成長を促すためには、頭皮が健康な状態で毛根に栄養を行き渡らせる必要があるのです。

しかし、毛根に皮脂などの汚れが詰まることで血行不良を起こし、栄養がうまく行き渡りにくくなります。これが抜け毛の主な原因となるのです。

育毛剤は、このような栄養の行き届かない頭皮を健康にする働きをしてくれるのです。一番重要なのは血行の促進効果ですね。髪や毛根の血管を拡張することにより、血行が良くなって栄養が行き届きます。栄養が行き届くようになると、健康な髪を取り戻すことができますよね。

そして育毛剤には栄養を与える効果もあるのです。先ほども述べた通り、髪が生えるには栄養を行き渡らせる必要があります。育毛剤を使うことにより、髪や毛根にたっぷりと栄養を行き渡らせることができるのです。

さらに、成長の過程で抜け毛を減らして、ヘアサイクルそのものを整えてくれます。育毛剤を使うことによって、得られるメリットが多いことがよく分かりますね。

また、保湿や炎症を抑えてくれるので頭皮の環境も整えてくれます。髪は潤いがないとパサパサになりますよね。これは髪が不健康である印でもあるので、しっかり保湿し最適なケアをしてくれます。

炎症を起こした頭皮も、とても状態が悪いですよね。ですので、荒れた頭皮を改善や修復を行うことで再び髪が生えやすい環境を作るのです。

育毛剤を大まかに分類すると、以上のような働きをしてくれます。つまり髪は生える仕組みは、育毛剤を使うことによって髪の生えやすい頭皮環境を作ってくれるということですね。

育毛剤の正しい選び方